エンジニアリングカンパニー エンジニアリング部 部長 大前洋一

エンジニアリングカンパニー
エンジニアリング部 部長

大前 洋一

1)お仕事の内容を聞かせてください

エンジニアリングカンパニー エンジニアリング部に所属しています。

2)これまでの一番印象に残ったプロジェクトを聞かせてください

大手化学メーカーからMMSDの超大型設備を受注した時です。
試運転で初めて据え付けられたプラントを見たときは図面で想像していたのと違い
要塞のようで感動しました。

3)藤崎グループの「エンジニアリング・パワー」を感じる部分、エピソードを聞かせてください

私は20年近く、MMSDの販売を専属でやってきました。
当時SDケミカルカンパニーに所属しているときに、営業でお客様を訪問した際に、エンジニアリングカンパニーの事業内容を説明しました。
その内容が、お客様のニーズにマッチしたようで、すぐに引合いをいただきました。
その後提案、見積提出、受注とスムーズに事が運び、お客様に喜んでいただくことができました。
今は、SDケミカルカンパニーの業務は、エンジニアリングカンパニーに引き継がれておりますが、
当時は、SDとエンジが協力し合って、受注できたのは初めてだったので、嬉しく思ったのと、
藤崎グループが一丸となって、既存の技術が融合すれば、エンジニアリングパワーを発揮できるのではと思いました。

4)藤崎グループの基本スタンス「やってみる」「おもしろいことを追求」「チームワーク」などのエピソードをお聞かせください

私が入社した時の藤崎電機は、電気計装と制御盤製作と下請けの仕事がほとんどでしたが、当時の藤崎社長(現ファウンダー)はメーカーになることを目指していました。
お客様から話を聞いてきては、色んなことにチャレンジするファウンダーの背中を見てきました。
新しいアイデアを話す時は、本当に楽しそうに語っておられました。

5)これからチャレンジしたい領域、プロジェクトをお聞かせください

入社当時から主にオリジナルプロダクトに携わってきました。
海外ビジネスも経験させていただきました。
海外から見ると"Made in Japan"とは「かゆい所に手が届く」繊細さだと思います。
そのように「気の利いた」藤崎ブランドの商品を世界中に届けたいです。

大前 洋一

所属部署
エンジニアリングカンパニー
エンジニアリング部

経歴

1992年10月15日入社

大前洋一