AI研究開発

AI R & D AI研究開発 AI研究開発

人に優しいAI(人工知能)を目指して

人工知能の技術は幅広い分野で採用されると共に今後の進化が期待されています。
専門家によると、2020年までに、人工知能は環境の変化に合わせた自律的行動が可能となり、大規模な知識理解、言語理解が進み、医療、セキュリティ、物流、農業分野、介護、教育分野に影響を与え、2030年には、人間の認知・知能が解明され、哲学・言語学の諸問題が解決され、意識のアップロード化が図られるとの予測が発表されています。
(出典元:総務省 人工知能の未来 - ディープラーニングの先にあるもの

それにより、「人工知能に人間がとってかわられる」「人工知能に職を奪われる」など漠然とした脅威を主張する人もいます。

藤崎グループは、人工知能(AI)が、私たちの働き方を変え、より人間らしく、より豊かで質の高い暮らしをもたらしてくれる技術であると考えています。

京都リサーチパーク内にあった人工知能の研究開発部門を2017年6月に分社化し、人に優しい人工知能を創ることを目指し、株式会社FKAIRを設立しました。

人工知能は、世界的に成長し続ける再生可能エネルギー分野でも需給(発電・消費)電力予測、異常検知・発電所の健全性診断等業務を効率的にする技術として活用されています。

藤崎グループは、人工知能の研究開発により、発電所の効率的な運営のみならず電気の消費者=生活者ひとりひとりの日々のデータを蓄積・分析し、公共交通機関や水道・電気等社会インフラの稼動を最適化することで持続可能社会の実現を目指します。

株式会社FKAIR

株式会社FKAIR