東根拓司

プラント建設カンパニー
工事本部 メンテナンス部
工事一課 課長

東根 拓司

1)お仕事の内容を聞かせてください

火力発電所内での日常保守、電気工事、定期点検工事

2)これまでの一番印象に残ったプロジェクトを聞かせてください

毎年行われている発電所内での定期点検工事です。
期間は4ヶ月から6ヶ月ほどの工事です。
電気、計装、機械、土木関係の定期点検工事及び定期点検の付帯工事と多くの仕事が集中します。
その中でも勿論、年間を通して行っている日常保守を休むわけにはいきません。
これだけの仕事をいかにして正確にこなしていくか、作業工程、作業人員の割り振りを毎日考え、急な作業にも対応していく必要があります。
期間中は息つく暇もない感じですが、無事に点火、並列を迎えると毎年、達成感と安堵感に包まれます。

3)藤崎グループの「エンジニアリング・パワー」を感じる部分、エピソードを聞かせてください

藤崎グループは多種多様な分野で仕事を行っています。
また、企画・設計・施工・保守といったような幅広い工程も熟し、一人ひとりの得意分野での技術・知識・経験を生かしお客様の満足する製品を提供しています。
私たちの部署でいうと、施工・保守がメインの仕事になっています。
施工に関しては、より良いプラントとなるよう設備の改善提案を行い、提案が通れば施工を行います。
保守に関しては、機器・計器の点検・校正・補修・交換などを行います。
また、重要な機器に不具合が発生した場合は、休日・深夜問わず補修対応する必要があります。周期的に点検を行っている機器に関しては、不具合を未然に防ぐ事が重要になってきます。
このような仕事には経験、知識、想像力、観察力、技術力を要し、またその機器の特性、過去の事例を知る、普段から点検している我々でないと分からない事だと思います。
こういった技術は当社のエンジニアリング力によるものではないでしょうか。

4)藤崎グループの基本スタンス「やってみる」「おもしろいことを追求」「チームワーク」などのエピソードをお聞かせください

この基本スタンスは、仕事の面では勿論のこと、仕事以外の場面でも定着しています。
例えば、おもしろい会社作りの一環としてボーリング大会を実施したり、社員だけでなく家族や友人も加わり、夏にはバーベキュー、冬にはスノーボードのイベントが行われたりしています。
イベントの際には運営チーム以外の社員も協力し、皆で一緒にやる、一緒に楽しむという場面が多く見られます。
そういう普段からの交流が仕事においてもより一層生かされているのではないでしょうか。

5)これからチャレンジしたい領域、プロジェクトをお聞かせください

新しい領域にチャレンジすると言うよりは、今の発電所内での仕事において一つ上のレベルで仕事を熟す事です。
発電所内にはかなりの数の機器、計器が設置されています。
単純な物から奥深い物まで様々です。
物によって点検方法、点検に必要な機材も変わってきます。
知識だけでなく経験を積まないと発見できない事もあります。
日々自分自身が成長すると共に、後輩にも継承していきたいと思っています。
私たちの仕事一つひとつが、発電所の運営を支え、安全に作り出される電気が街に明かりを灯していることを忘れず、誇りを持って仕事に励みます。

東根 拓司

所属部署
プラント建設カンパニー
工事本部 メンテナンス部
工事一課 課長

経歴

平成14年04月 入社 工事部に配属 大阪事業所勤務

平成15年10月 橘湾火力発電所勤務

東根拓司