滝下光司

プラント建設カンパニー
工事本部 メンテナンス部
工事一課

滝下 光司

1)お仕事の内容を聞かせてください

橘湾火力発電所での保守業務。発電所敷地内にある藤崎電機の事務所に常駐し、計測機器の点検・校正・不具合箇所の修理・交換等を行っています。

2)これまでの一番印象に残ったプロジェクトを聞かせてください

橘湾火力発電所での定期点検工事にて初めて私が作業担当者として受けた保護リレー特性試験です。
保護リレーとは電流や電圧の急激な変化から電気回路を保護するための装置で、つまり、電気で制御されている発電所には至る所に複数の保護リレーが設置されています。動作時間や動作値を適切に整定することで、より早く指令を出し、電気回路の故障を防ぎます。
また各保護リレーにはその動作時間・動作値に管理値というものがあり、管理値内に収まらない場合は保護リレーのダイアルの数値を上げ下げし、微調整して管理値内におさめなければいけません。
安定した発電を支える重要な装置の点検を任されとても不安でしたが、上司からの支えもあり無事終えることができました。
全ての試験を終え、装置が正常に稼動した時にはほっとしました。

3)藤崎グループの「エンジニアリング・パワー」を感じる部分、エピソードを聞かせてください

幅広い事業に対応できるところだと思います。藤崎電機では電気に関わる私たちのような部署以外にも、いろいろな部門・部署があります。
以前、全社員に向けた自社の勉強会にて他部署の仕事内容を詳しく聞く機会がありました。
特に本社と離れた拠点で働いている私は他部署との交流が少ないので、初めて知ることが多く、同じ会社にいながら全く違う業種の仕事をしている部署もあって驚きました。
一番驚いたのは太陽光発電所の建設工事に導入しているスパイダーマシンという特殊重機です。
一見ショベルカーのようですが、動画を見てみると四つの足がばらばらに動いて本当にクモのようで、すごく馬力があり急な傾斜をもろともせず移動して杭打ち工事を行っていました。
私が所属しているプラント建設カンパニーのことではありますが、太陽光発電所の施工風景を見たことがなかったのでいい勉強になりました。
維持管理業務が主な自分たちの部署では、同じ動作を安定的に続けていくこと、守っていくことが仕事なのですが、一方で新しい機材や工法を積極的に取り入れて進化している仲間の姿を見て感動しました。

4)藤崎グループの基本スタンス「やってみる」「おもしろいことを追求」「チームワーク」などのエピソードをお聞かせください

様々な事業に挑戦・成功できるということは「チームワーク」があるからだと思います。
担当が違ってもお互い助け合いひとつの仕事を成功させられるところが当社の強みです。
繁忙期である定期点検工事の期間中は、仕事量が多く、また一つの仕事に多くの作業人員が必要になるときがあります。
その際には、本社から応援に来てもらい、皆で協力して定期点検工事を行います。

5)これからチャレンジしたい領域、プロジェクトをお聞かせください

国内最大級の規模である橘湾火力発電所の点検は多くの人の生活に関わる責任重大な仕事です。
それを任せていただけるのは、発電所建設時から工事に携わってきた藤崎グループを信頼して下さってのことだと思います。
これからもお客様に信頼していただけるよう、自身の知識・技術向上を目指したいと思います。

滝下 光司

所属部署
プラント建設カンパニー
工事本部 メンテナンス部
工事一課

経歴

平成25年 入社

滝下光司