自然エネルギー発電

Natural energy generation 自然エネルギー発電 自然エネルギー発電

持続可能社会を目指して

1972年、世界中を驚愕させる著書が出版されました。
その「成長の限界」(著者:ドネラ・H・メドウズ、デニス・L・メドウズ、ヨルゲン・ランダース、ウィリアム・W・ベアランズ三世)で世界人口、工業化、資源の使用等当時の成長率が不変のまま続くなら、来るべき100年以内に地球上の成長が限界点に達し、人口と工業力の減少が制御不能になるという、深刻な未来について語られていたのです。

しかし同時に、将来長期にわたって持続可能な安定性を打ち立てるために行動を開始するのが早ければ早いほど、成功する機会が大きいであろうとも語っています。

世界が「均衡状態=人口と資本を増加させる力と減少させる力とが注意深く制御されたバランスに達し、人口と資本が本質的に安定的な状態」を保ち、定常的な社会のはたらきを高める技術のひとつに、最も汚染の少ない動力源である太陽エネルギーを利用することが挙げられています。

この著書によって、「持続可能」という言葉が多くの人々に認識されるようになったのです。

そして最後に見解のひとつとして、社会を「均衡」という目標に方向転換するには全く新しいアプローチが必要であり、それには全人類が理解力と想像力をはたらかせ、政治的道徳的な決意を行うための大きな努力を要するが、その努力は我々の世代に対する挑戦であり、つぎの世代にゆだねることはできない、この努力は断固として直ちにはじめなければならないと提言しています。

藤崎グループは、眼前の課題に対し、先ず私たちにやれることはなにか?を問い、行動する道を選択しました。

工場やプラントの計装工事から、家庭用太陽光発電を手掛けるようになり、2011年10月に株式会社ガイアパワーを設立。

その後、メガソーラー、バンブーバイオマス、大型風力発電と自然エネルギー発電所の開発から設計、ファイナンス、施工、運営、O&Mとトータルソリューションを提供する企業グループへと歩みを進めてきました。

世界レベルで、化石燃料から再生可能エネルギーへの切替が着実に進んでおり、今や発電コストの低減も図られるようになっています。

今後のエネルギー使用の主役は豊かな先進国から貧困国へと移ると言われており、特にアジアの国々は、経済的な成長に伴い、工場等の生産施設の稼動を始め、普段の生活における消費エネルギーが増大、安定した電気の供給が渇望されています。

藤崎グループは国内はもとより、電気のある豊かな暮らしを求める海外の国々で自然エネルギー発電所の開発を推進し、人々のお役に立ちたいと考えております。

株式会社ガイアパワー

株式会社ガイアパワー